シダーウッド・アトラス精油

特徴

名前 シダーウッドアトラス /
(Cedarwood)
学名 Cedrus Atlantica
科名 マツ科
抽出部位 木部「心材」(水蒸気蒸留法)
ノート トップノート
香り ウッディー調の香りに、ほのかにバルサム調(オリエンタル系の甘く温かみのある)が混ざった香り
禁忌 妊娠中・授乳中には避けるべき精油。刺激が強いので、てんかん症の人も避けたほうがよい

 

効果・効能
シダーはしばしば神聖な樹木として聖書にも登場し、古代エジプト時代には防腐剤として、ミイラづくりなどで利用されてきました。

鎮静作用があり古くから寺院などではお香の香りとしても親しまれ、不安や緊張でこわばった気分をほぐしてくれたり、気持ちを持ちこたえさせてくれる力があります。

去痰作用、咳を鎮める効果があり、さらに腎臓など泌尿器科系にも効果が期待できます。さらにはリンパの流れを良くするため、むくみやセルライトにも効果的とされ、殺菌作用による、ニキビ予防、頭皮の皮脂の分泌調整、脱毛の防止効果まで期待できます。