フランキンセンス精油

特徴

名前 フランキンセンス
(Frankincense)
学名 Boswellia carterii
科名 カンラン科
抽出部位 樹脂(水蒸気蒸留法)
ノート ベースノート
香り ウッディーな樹脂系とスパイシーさが混ざり、すっきりした感覚が僅かに残る香り
禁忌 妊娠初期は避けるべき精油

 

効果・効能
フランキンセンスは深い呼吸を促し、心を穏やかにする作用がある精油で、古代より教会の儀式や瞑想などに用いられてきた香りです。肺を浄化する作用や鼻の通りをよくしたり、気管支炎、花粉症などの呼吸器系の障害などもやわらげます。また、子宮を強壮し不正出血を改善したり消化を促し胃もたれを改善するなど、多くの作用があります。