季節のことば

January

上旬

[1・4]
ぼんやりとした冬の空色も

弱い光が窓から差し込んでくると、とても心地よく感じるもの
しっかり身体を動かして、冷えない身体で春を待とう

[1・7]
春の七草

野菜が取れない冬場に不足しがちな栄養を補ったり、弱った胃腸を休めるためにも食べられるこの食材
まさに和のハーブ

[1.9]
季節は寒の内、
一歩外に出ると、引き締まるような冷たい空気が流れている

中旬

[1・14]
驚くほどの早さで日は過ぎさり
年が新しくなってからもうすでに月の半分まで

ここ数日で寒さが増していくのを感じる
めずらしく大阪でも雪がちらついたりする日も

[1.15]
大寒を前に寒さが少しずつ増してきた

寒い季節は特に、日常生活から
体調管理にしっかり気を配っておきたいもの

下旬

[1・22]
週の始まりは予報通りの雨と雪。
薄暗いそらのもと、日中の気温もそれほど上がることもなさそう。

[1・23]
冷え込み強く、
雪がちらつく合間にも、弱々しく日差しが差し込んでいるものの
気温はそれほど上がることはなさそう

[1・29]
2月はもう目前。

一年のうちでもっとも寒くなる頃だろうか。
しかし窓から入ってきた光に少し温かさを感じた。
まだまだ遠く感じる春にも、それに向かって少しずつ準備を整えているよう。
春へと向かう華やかな気分も少しずつ増していきたい。

[1・30]
雨予報。
もしかすると、この雨は節分を前にして冬から春へと向かう境目かもしれないなどと、当てずっぽうな想像をしてみる

November

上旬

[11・6]
御堂筋のイルミネーションが輝く頃
もうそんな時期かと知らされる

[11・7]
ふとカレンダーに目をやると、今日は立冬

美しい紅葉がこれからという季節で
冷え込みも強まってゆく

中旬

[11・12]
そろそろ色鮮やかな紅葉が楽しめる時期に
少しちらついた先ほどの冷雨は、気温を少し下げたように感る

下旬

[11・19]
日足は短かくなり、ますます冬の訪れを感じるこのごろ

[11・20]
日が落ちるのが早くなり
18時には窓から見る景色はすでに真っ暗

[11・30]
長く感じた一年も残りはわずかに一か月だけ
こんな時期だからこそ、とりわけ一日一日を大切に過ごしたいと感じるもの

December

上旬

[12・1]
今日から仕事だけでなく、食事会などのイベントの機会も多くなり
気持ち慌ただしくなる12月

[12・3]
華やかに通りを照らすクリスマスの明かりは、
年末の忙しさに気持ちまで慌ただしくなりがちなのを
穏やかな流れへと心を切り替えてくれているよう

中旬

[12・10]
12月は中旬に
毎年この時期になるとクリスマスを前に
ホテルの方からカウントダウンパーティーやおせちなどのご案内が届く

すでに新しい年がそこまで来ているのを感じずにはいられない

[12・17]
12月も中盤をすぎた頃
年末のあわただしさを感じる

 

下旬

[12・22]
冬至
「日短きこと至る(きわまる)」という意味があり
一年で一番太陽が出ている時間が短い日
また厄を払うため身体を温め、栄養をとり
無病息災を願う日でもあるそう

 

[12・24]
クリスマスイブらしく
空気は澄み、空が綺麗に映っている

SO WHAT'S THE REST OF THE DEAL?

Burgers
Vivamus sit amet odio sed quam volutpat ullamcorper vitae at mauris. Aenean ullamcorper vestibulum sagittis. Nulla vel ornare mauris, id congue nisi.
Beer
Vivamus sit amet odio sed quam volutpat ullamcorper vitae at mauris. Aenean ullamcorper vestibulum sagittis. Nulla vel ornare mauris, id congue nisi.
Bands
Vivamus sit amet odio sed quam volutpat ullamcorper vitae at mauris. Aenean ullamcorper vestibulum sagittis. Nulla vel ornare mauris, id congue nisi.

FROM OUR GALLERY

COME DINE WITH US, MAKE A RESERVATION

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Phasellus non tortor eros. Nam ultricies, massa vel faucibus ultrices, nibh arcu mollis tortor, condimentum dapibus libero urna id elit. Integer vehicula augue eget gravida suscipit. Duis vel lectus at ex sagittis dignissim non eu elit. Nam a nibh id augue tincidunt laoreet. Cras augue ex, varius aliquam rhoncus in, feugiat vitae urna. Suspendisse potenti. Maecenas consequat nulla eget elit tincidunt vehicula. 

Vivamus sit amet odio sed quam volutpat ullamcorper vitae at mauris. Aenean ullamcorper vestibulum sagittis. Nulla vel ornare mauris, id congue nisi. Duis ac convallis nulla. Suspendisse rhoncus, mauris eu vulputate congue, lectus felis iaculis eros, eget vehicula ipsum felis accumsan justo. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Nunc urna nisl, condimentum sit amet lorem quis, facilisis molestie velit.