7 Seconds ft. Neneh Cherry – Youssou N’Dour

この時代にあっても国籍の違いを理由に、隔てや偏見を持つ人に出会うことは多くある。
我が子のようにかわいがっている学生たちはほとんどが留学生。そんな彼らがそのような扱いを受ければ、当然、心は穏やかでいられなくなる。
自分自身も海外生活でそんな経験があるからこそ余計に強く感じてしまうのか。それともホスピタリティー業界に関わってきた人間として、文化、宗教、人種などを越えて信頼関係を作り上げるということを当然のものとしてきたためか。
とにかく私の考えはDiversity is valued.につきる。

そういえばと、ふと思い出して、引っ張り出してきたレコード。
長らく聞いてなかった曲、ユッスー・ンドゥールがネナ・チェリーとフューチャリングした7 seconds。

この世に生を受けてからの7秒。
その7秒だけはまだ世界を認識しておらず、無垢であらゆる問題とは無縁の存在。
問題とは肌の色の違いが引き金となった色々な事柄で、差別や犯罪、紛争などのことだろうと推測できる。
たったの7秒だなんてと思うが、その瞬間を過ぎれば、受け入れなければならない厳しい現実が待っている、そんな世界がまだまだ存在しているのだろう。

伝統的なアフリカンミュージックに少し重めのポピュラー要素を取り入れたサウンド。聞いていてずしっと響く。
おそらくここに書かれた歌詞への同情でも、そこに自らの正義を振りかざそうとしているのとも違うとは思うが、ただこのサウンドを聞くことで、なぜか気分を取り戻すことが出来そうに思えた。
それにしても、24年前にリリースされた曲だったなんて。古さを全く感じない。これって、今教えてる学生たちが生まれた頃なんだな。そこにまた何かの偶然を感じ始める。

Lyrics(歌詞)

セネガルは多言語国家とで知られるが、かつてフランスの統治下にあったためフランス語が公用語として使われている。
ただ国民の多くは公用語としてのフランス語が話せるわけでなく、国語として別に民族の言語を話しているようである。
その中でも多いのが「ウォロフ語」であり、人口の約8割が話すと言われている。

この音楽を聴いても分かるように、歌詞はまず聞きなれない言語から歌いだし、そのあとフィーチャリングしているネナ・チェリー(Neneh Cherry)が英語のパート、そして次にユッスーがフランス語と続いていくのである。

余談ではあるが、歌っているユッスー・ンドゥール(Youssou N’Dour)は、セネガルの伝統を伝えるグリオ(語り部)の家系で、伝統音楽にポピュラーミュージックの要素を取り入れることを得意としている。政治活動も積極的に行っており、セネガルの文化観光大臣も務めている。

【スポンサードリンク (Sponsored Link)】

 7 Seconds

 

Label: Columbia
Lyrics by Neneh Cherry, Youssou N’Dour, Cameron McVey, Jonathan Sharp
Producers by Christian Falk,[2] Booga Bear, Jonny Dollar
Released on 1994

Boul ma sene, boul ma guiss madi re nga fokni mane
Khamouma li neka thi sama souf ak thi guinaw
Beugouma kouma khol oaldine yaw li neka si yaw
Mo ne si man, li ne si mane moye dilene diapale
Roughneck and rudeness,
We should be using, on the ones who practice wicked charms
For the sword and the stone
Bad to the bone
Battle is not over
Even when it’s won
And when a child is born into this world
It has no concept
Of the tone the skin it’s living in
It’s not a second
7 seconds away
Just as long as I stay
I’ll be waiting
It’s not a second
7 seconds away
Just as long as I stay
I’ll be waiting
I’ll be waiting
I’ll be waiting
J’assume les raisons qui nous poussent de changer tout,
J’aimerais qu’on oublie leur couleur pour qu’ils esperent
Beaucoup de sentiments de race qui font qu’ils desesperent
Je veux les portes grandements ouvertes,
Des amis pour parler de leur peine, de leur joie
Pour qu’ils leur filent des infos qui ne divisent pas
Changer
7 seconds away
Just as long as I stay
I’ll be waiting
It’s not a second
7 seconds away
Just as long as I stay
I’ll be waiting
I’ll be waiting
I’ll be waiting
And when a child is born into this world
It has no concept
Of the tone the skin it’s living in
And there’s a million voices
And there’s a million voices
To tell you what she should be thinking
So you better sober up for just a second
7 seconds away
Just as long as I stay
I’ll be waiting
It’s not a second
7 seconds away
Just as long as I stay
I’ll be waiting
It’s not a second
7 seconds away
Just as long as I stay
I’ll be waiting
It’s not a second
7 seconds away
Just as long as I stay
I’ll be waiting
It’s not a second
7 seconds away
Just as long as I stay
I’ll be waiting

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA