Englishman in New York – Sting

最近になって、またよく聞くようになった曲。
Englishman in New York

Stingイングリッシュマンインニューヨーク

スティングとしての2枚目のアルバム、「…Nothing Like the Sun」に収録された曲である。

Englishman in New Yorkとは、直訳した通りニューヨークに住む英国人のことだが、これは歌っているスティング自身のことではなく、同じイギリス出身の作家「クエンティン・クリスプ(Quentin Crisp)」のことだそう。
PVに年配の男性が登場していますが、それが彼本人で、ちいさな体に貫録さえ感じる。

スティングはクリスプとの出会いをきっかけに、この曲を書くにいたったようである。

 
実はこの曲、私自身が20年前にオーストラリアで生活をしてた頃によく聞いていた。
おそらく海外で長く生活していたことのある人ならわかると思うが、自分のアイデンティティが時としてよく分からなくなることがある。

ここ数年、海外から日本のホテルサービスを学びに来る留学生数が非常に多く、私はそういった彼らの授業をホテルスクールで担当するようになってから、またよく聞くようになったのである。

海外からくる人たちにとって、日本文化に馴染み、多くを吸収することは大切である。しかし、自分自身の生き方を忘れないようにして欲しい、という彼らに対してその想いは大きい。

そして同時に、日本という国に生まれた私たちに対しても、違った文化や国籍に対して、Diversity is valued(多様性を尊重する)という概念をもっと根付かせたいというそんな願いもある。

そんな想いがつのるここ最近、目覚めるとまず聞きたくなる。

 

Lyrics(歌詞)

歌詞は「誇りをもって自分の生き方を貫く大切さ」を表現している。
勿論、自国を離れてそこに足を踏み入れたからには、その異なった文化を柔軟に受け入れようとする姿勢は大切であるが、これまでの自分の生き方には誇りを持ち、見失うことのないようにと訴えている。

実はこの歌詞に込められた思いは、異文化で自分らしさを忘れることなかれというよりも、同性愛者の人たちに「自分を貫き自分らしく生きること」であるとされている
ちなみにこの曲のイメージとなったクリスプは、タイトルの通り英国人であるが、まだ同性愛が受け入れられなかった時代にそれをカミングアウトしている。おそらくその生きづらさは存分にあったであろう。
その背景を知ったうえで、Englishman in New Yorkの歌詞を読み解いていくと、そんな想いも込められているように捉えられる。

今から30年も昔、セクシュアリティーはおろか、人種や宗教という観点において描かれるということ自体、ほとんどないことであったろうが、スティングはすでにここに理解を示している大きな存在だと言えるであろう。

 

【スポンサードリンク (Sponsored Link)】

 Englishman in New York

 

Label: A&M
Lyrics by Sting
Producers by Sting・Neil Dorfsman
Released on 1988

 

I don’t take coffee, I take tea, my dear
I like my toast done on one side
And you can hear it in my accent when I talk
I’m an Englishman in New York
See me walking down Fifth Avenue
A walking cane here at my side
I take it everywhere I walk
I’m an Englishman in New York
Oh, I’m an alien, I’m a legal alien
I’m an Englishman in New York
Oh, I’m an alien, I’m a legal alien
I’m an Englishman in New York
If “manners maketh man” as someone said
He’s the hero of the day
It takes a man to suffer ignorance and smile
Be yourself no matter what they say
Oh, I’m an alien, I’m a legal alien
I’m an Englishman in New York
Oh, I’m an alien, I’m a legal alien
I’m an Englishman in New York
Modesty, propriety can lead to notoriety
You could end up as the only one
Gentleness, sobriety are rare in this society
At night a candle’s brighter than the sun
Takes more than combat gear to make a man
Takes more than a license for a gun
Confront your enemies, avoid them when you can
A gentleman will walk but never run
If “manners maketh man” as someone said
He’s the hero of the day
It takes a man to suffer ignorance and smile
Be yourself no matter what they say
Be yourself no matter what they say
Be yourself no matter what they say
Be yourself no matter what they say (oh, I’m an alien, I’m a legal alien)
Be yourself no matter what they say (I’m an Englishman in New York)
Be yourself no matter what they say (oh, I’m an alien, I’m a legal alien)
Be yourself no matter what they say (I’m an Englishman in New York)
Be yourself no matter what they say (oh, I’m an alien, I’m a legal alien)
Be yourself no matter what they say (I’m an Englishman in New York)
Be yourself no matter what they say (oh, I’m an alien, I’m a legal alien)
Be yourself no matter what they say (I’m an Englishman in New York)
Be yourself no matter what they say

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA