Pull Marine – Isabelle Adjani

映画Subway[1985]で毛皮にモヒカンのスタイルがかっこ良かった、というよりモヒカンなのに美しすぎたフランス人女優のIsabelle Adjani(イザベル・アジャーニ)。
 

このサイトにはレコードのコレクションを載せたいと思っていたので、本当ならここにはCDフォーマットになったジャケットを載せるべきではないと思ったけど、先日偶然にも百貨店の特設売り場で見つけた彼女のCDを手にした喜びがあまりに大きかったので。
といっても、もう廃盤となっているだろうけど、おそらくレコードも探せば出てくるのだろうとは思う。

IsabelleAdjaniマリンブルーの瞳

1983年にリリースされたこのアルバムPull MarineはSerge Gainsbourg(セルジュ・ゲンズブール)のプロデュースした作品。
さらにこのあと、Luc Besson(リュック・ベッソン)がムービークリップも作っている。(といっても、youtubeでしか見たことがないのだが)

さすがその表現はフレンチスタイルというのだろうか、それともベッソンらしいというのだろうか、Le Grand Bleu(グランブルー)にあったような独特の碧に溶け込んでいく美しさのなかに、すーっと吸い込まれていってしまう。

タイトルとなっているPull Marineは、映像にあるように紺色のセーターのこと。
しかし、イザベルの瞳はそれ以上に透き通るような青で美しい。

Eric Serraのサウンド?


この音楽に関して、どうしてもEric Serra(エリック・セラ)のサウンドに聞こえてしまうのは私だけだろうか。
映画グラン・ブルーの時もそうだったが、こんな感じであたかも水の中を泳いでいるような、しかもそれをギターのサウンドで表現してしまえるのは彼しかいないかも。
その名前はCDジャケットのどこにも見つけられなかったのだが、恐らく彼が何らかの形でここに関わっているのだろうと勝手に推測しています。

Lyrics(歌詞)

歌詞を載せるだけでなく、せっかくなので、完璧ではないかもしれないが、和訳を付けてみた。
正直なところ、なかなか意味を捉えられないところもあるが、まあ詩的な表現だろうし、これでいいのかなとも思う。

【スポンサードリンク (Sponsored Link)】

 Pull Marine (邦題)マリンブルーの瞳

 

Label: Philips
Lyrics by Serge Gainsbourg, Isabelle Adjani
Composed by Serge Gainsbourg
Released on 1983

J’ai touché le fond d’la piscine
私はプールの底にたどり着いた
Dans l’petit pull marine,
小さな紺のセーターに身を包み
Tout déchiré aux coudes
それは肘のところで完全に破れていた
Qu’j’ai pas voulu recoudre,
縫いたくなかった
Que tu m’avais donné.
それはあなたが私にくれたものだから
J’me sens tellement abandonnée.
私は見捨てられた

Y a pas qu’au fond d’la piscine
プールの底だけじゃない
Qu’mes yeux sont bleu marine.
私の目がマリンブルーなのは。
Tu les avais r’pérés
あなたは見つけた
Sans qu’il y ait un regard
目もくれずに
Et t’avais rappliqué.
そしてあなたはまた
Maintenant, je paie l’effet retard.
今、私はその報いを受ける

Avant de toucher le fond,
底にたどり着くまでのあいだ
Je descends à reculons,
私は後ろ向きに沈んで行く
Sans trop savoir c’qui se passait dans le fond.
プールの底で起こるはずのことをほとんど知らないままに

C’est plein d’chlore au fond de la piscine.
プールの底は塩素でいっぱい
J’ai bu la tasse, tchin tchin.
私は溺れて水を飲んでしまった(乾杯!)
Comme c’est pour toi, je m’en fous.
あなたのためだから、気にしない
J’suis vraiment prête à tout.
私はどんなことをする準備も出来ている
T’avaler, que m’importe,
あなたを飲むことも出来る
Si l’on me trouve à moitié morte.
もしも私が半分死にかかっていると感じたら

Noyée au fond d’la piscine,
プールの底でおぼれ死んでしまう
Personne ne te voyait
誰もあなたを見ていなかった
Sous mon p’tit pull marine,
私の小さな紺のセーターの下で
M’enlacer, j’t’embrassais
私にキスして抱きしめて
Jusqu’au point de non-retour,
戻ってくることのできない場所で
Plutôt limite de notre amour.
私たちの愛の限界のところで

Avant de toucher le fond,
底にたどり着くまでのあいだ
Je descends à reculons,
私はうしろ向きに沈んで行く
Sans trop savoir c’qui se passait dans le fond. 
底で起こるはずのことをあまり知らないまま

Viens vite au fond d’la piscine
プールの底まで早く来て
Repêcher ta p’tite sardine,
あなたの小さなイワシを引き戻して
L’empêcher de se noyer,
溺れないように
Au fond d’toi, la garder,
あなたの下で、守って
Petite sœur traqueuse
臆病な妹をこっそりと
De l’air de ton air amoureuse.
あなたの愛の空気で

Si nous deux, c’est au fond dans la piscine,
もしも私たち二人がプールの底でがいることを
La deux des magazines
雑誌の2ページ目に
Se chargera d’notre cas
私たちのことがかかれるとしたら
Et je n’aurai plus qu’à
そして私は
Mettre des verres fumés
サングラスをかけよう
Pour montrer tout c’que je veux cacher.
隠したいものをすべてを露わにするためには

Retrouve-moi au fond d’la piscine
プールの一番下で会いましょう
Avant qu’ça m’assassine
殺してしまう前に
De continuer sans toi.
あなたなしで続けていく
Tu peux compter sur moi
私を頼りにすることが出来る
J’te r’ferai plus l’ plan d’la star
もう一度女優になる計画をしてみよう
Qui a toujours ses coups de cafard.
いつも憂鬱にさいなまれている

J’ai touché le fond d’la piscine
私はプールの底にたどり着いた
Dans ton p’tit pull marine…
あなたの小さな紺のセーターに包まれて…

 

最後に

話はそれるが、冒頭にもある、イザベルが主演をつとめたサブウェイ。
映画を見られた人はご存知のことと思うが、ジャン・レノ(Jean Reno)のドラムが冴えわたる。彼は映画「Leon」でヒットマン役を演じ、日本ではそのイメージが強いようであるが、彼はドラムパフォーマーとしてもその腕をサブウェイの中で披露している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA