ラバンディン精油

ラバンディンは真正ラベンダーとスパイクラベンダーの自然交雑種。 この交雑はミツバチなどが花粉を運ぶことで自然の中で生まれた品種と言われています。気候や土壌に対して強い適応力を持ち、真正ラベンダーよりも大きく育つ品種で、1900年頃になるとフランスでは栽培が始まりました。

ラベンダーとラバンディンは、見分けがつきにくく、よく似ていますが、香りはラベンダーの甘さと穏やかさに加えて、スパイクラベンダーらしい、すっきりとしたシャープさを併せ持っており非常に良い香りです。
そのため、古代より入浴剤や洗濯の香料、傷の洗浄や浄化、空気環境の改善や感染症予防などにも好んで使用されてきました。

現代では、アロマセラピーの分野において、心に落ち着きをもたらしつつも、脳や身体の働きを活発にするサポートする精油として注目されています。ラベンダーよりも鎮痛や呼吸器系の症状に良いとされていますが、癒し効果は真正ラベンダーより弱まるため、勉強や仕事の集中力アップや気分転換、運動後のケアやスキンケアなどにおすすめの精油です。
また他のハーブ系やシトラス系、ウッド系、フラワー系の香りとも相性がよく、ブレンドオイルとしても楽しめます。

特徴

名前ラバンディン
(Lavandin)
学名Lavandula hybrida
科名シソ科
抽出部位花、葉、茎(水蒸気蒸留法)
ノートミドルノート
香り苦味と甘さが混ざったフローラル系のウッディーな香り
利用法アロマテラピーとヨガを賢く使う
禁忌妊娠中は避けるべき精油

 

ラベンダーの代表格ラバンディン

ラバンディンはスパイクラベンダーと真正ラベンダーの交配種のため、見分けがつきにくく、よく似ていますが、香りはラベンダーよりシャープで少し強い刺激があります。ラベンダーよりも、鎮痛や呼吸器系の症状に良いとされています。

 
[ラベンダーとラバンディン]
外観は真正ラベンダーに比べ、環境に強く育ちやすい品種です。癒し効果は真正ラベンダーより弱まりますが、リフレッシュ効果と鎮痛効果などに良いとされています。

 

効果・効能
ラベンダーと同じ品種であるラバンディンは、ラベンダーに比べて少し強い香りを持ち、リフレッシュ効果をもたらしてくれます。鎮痛作用があり、筋肉痛、関節痛、頭痛などによく効くといわれ、また呼吸器系の症状にもよいとされています。。